土佐沖の初鰹、久礼港に揚がりました!

うぐいすの初鳴きが聞こえだすと、久礼の港には「初鰹」が水揚げされるようになりました。

順洋丸、中城丸、繁丸、八廣丸・・・続々と初鰹の便りが届いています。

 

鰹が揚がると久礼の市場が活気づきます。

 

初鰹らしい小ぶりな大きさですが、新鮮そのもの!

 

朝の競りに出された鰹はさっそく商店街の魚屋さんなどが仕入れ、さばいていました。

 

 

「鰹のタタキ」

塩をつけるもよし、タレで食べるもよし。

新鮮な鰹は、これから旬を迎えます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です