~浜焼き海王~ ☆鰹の一本釣り☆

カツオ一本釣りとは

釣りざおで1匹ずつ、かつおを釣り上げます

広い黒潮の大海原で、漁師のおんちゃんが

潮の動き、海鳥の動き、

海面の微妙な変化を

長年の経験と勘で魚群を探し当て、

カタクチイワシをまき餌として投げ入れ、

同時に散水し、

海面でイワシの群れがあるように見せ

それをめがけて寄ってきたカツオを

擬餌針(ぎじばり)で釣り上げる。

巻き網漁に比べ魚に傷がつきにくく、

一般的に同等サイズなら一本釣りの方が市場価値は高い。

生態系への負荷が少ない、自然に優しい漁法とされる。

近年では担い手不足に悩み、

インドネシアなどからの研修生で補っている。

 

写真は、中土佐町久礼が誇る鰹船

第十八 八廣丸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA