中土佐町

高樋沈下橋

高樋(たかひ)沈下橋は、四万十川本流の最上流に架かる沈下橋で、通称「大股の沈下橋」ともいう。
この場所には、元々頭首工(堰)が築かれていたが、下流に構築された新堰の影響を受けた板橋の浮き対策として、昭和40年に旧堰堤の上に造られた。

住所/中土佐町大野見
車/中土佐ICから車で約40分
公共交通/JR土佐久礼駅から車で約40分